かつてはちょっとコワモテのイメージもあったラップの世界に変化が起きている。「裾野が広がってるんだね」と司会の加藤浩次キャスター。男性声優12人がそれぞれキャラクターに扮し、ラップバトルを繰り広げる音楽配信プロジェクト「ヒプノシスマイク」は、女性に人気だ。

警察官、ヤクザ、医師、元海軍軍人、ギャンブラーら登場

ラップバトルを収録した曲が発売されると、オリコン週間デジタルアルバムランキングで初登場1位に躍り出た。コラボカフェも開設され、グッズ目当ての女性客が殺到しているという。

「(ヒプマイのキャラクターの)入間さんはなにがなんでもしょっぴいてしまう警察の方なので、そういう強引なところが好きですね。しょっぴかれたいですね」と入間ファンの女性客は話す。

警察官の入間のほかには、ヤクザ、医師、元海軍軍人、ギャンブラーなどがキャラクターとして登場するのだ。

犬山紙子(コラムニスト)「(ヒプマイは)チェック済みです。私のオタクの裏アカウントのほうでは、1か月ほど前からヒプマイ、ヒプマイという言葉が踊るようになりまして。何だろうとクリックしたら、おもしろい。すばらしい」