岐阜で1日(2018年8月)に行なわれたインターハイ(高校総体)のボクシング開会式で、あいさつに立った岐阜県ボクシング連盟の四橋英児会長は、日本ボクシング連盟の山根明会長ら幹部に対しする辞任を要求した。

「ここ2、3日、テレビでずっと日本ボクシング連盟のことが話題になっています。まことに恥ずかしい思いをしております。あれが真実だとしたら、すぐに山根会長をはじめ周囲のみなさんは辞めていただきたい」

壇上に高体連の姿なし!?「あいつを座らせるな」と電話で指示

さらに、開会式の壇上にインターハイの主催者である全国高校体育連盟ボクシング専門部の佐藤秀行委員長の席がなかった。佐藤委員長は一般の観客席に座っていた。山根会長から電話で「(あいつが壇上の)席に座るなんてまかりならん」と指示があったのだという。佐藤委員長は以前は日本ボクシング連盟に所属していたが、山根会長の逆鱗に触れ除名された経緯がある。

伊藤利尋キャスター「連盟サイドの混乱が見て取れますね」

スポーツライーターの青島健太氏「会長の責任だとか、いろいろ話されている内容を巡って今後やり取りがあるでしょう」