ソフトバンクの大竹耕太郎が史上初の快挙 卒論テーマを自ら証明

ざっくり言うと

  • ソフトバンクの大竹耕太郎が、1日の西武戦でプロ初登板・初先発した
  • 8回5安打2失点で白星を挙げ、育成ドラフト出身としては史上初の快挙に
  • 大学時代の卒論テーマ「緩急を使った投球は打ちにくいのか」を自ら証明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x