酔って座席下に挟まり山手線ストップ ヒーター外し救助、作業に65分

ざっくり言うと

  • 1日午後、山手線内回りが1時間以上にわたり運転を見合わせた
  • 酔っていた50代男性が車内で転倒し、座席と床の間に頭部などが挟まった
  • すき間は15〜40センチ程度で、ヒーターの部品を外すなどして救助された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x