「夜空、見ましたか」とキャスターの水卜麻美アナが聞く。

司会の加藤浩次「見てないのよ」

近藤春菜キャスター「私も」

きのう7月31日(2018年)夜、2003年以来の約15年ぶりに起こった火星大接近のことだ。地球に5759万キロまで近づいた火星が、南東の空に明るく輝いて見えた。

9月上旬まで南東の空

「スッキリ」では東京スカイツリーからとらえた映像が流れた。

加藤「望遠鏡の映像でも、なんとなく火星だな」

春菜「ちょっと赤っぽい感じです」

9月上旬まで、天気が良ければ南東の方角に見えるそうだ。