日本一ゴキブリが出没しやすい地域が判明。家の中での要注意スポットは?

写真拡大

 会わなくてすむのなら、一生でもお目にかかりたくない。そう思わずにいられないのが、夏にがぜん出没率が上がるあの黒いやつ……ゴキブリ。

 シェアリングテクノロジーの調査によると、ゴキブリの発生件数が一番多い都道府県は東京都で、他県に比べてもその数がズバ抜けて多いことが判明したようです。

 東京以外にも、ゴキブリ出没率が高い都道府県はどこなのか。さらに、出没しやすい要注意スポットは家の中のどこなのか。気になる調査の結果を紹介したいと思います。

◆ゴキブリが発生しやすい都道府県、魔のワースト5
 全国から寄せられたゴキブリ駆除相談に関するデータ(4,365件)をもとに、各都道府県の10万世帯あたりの相談件数を割り出したものが以下です。
※調査年月:2015年5月〜2018年4月。

1位 東京都 相談件数1,164件 10万世帯あたり17.4件

2位 沖縄県 相談件数87件 10万世帯あたり15.6件

3位 富山県 相談件数53件 10万世帯あたり13.4件

4位 愛知県 相談件数357件 10万世帯あたり11.7件

5位 鹿児島県 相談件数72件 10万世帯あたり10.0件

 さすが首都。相談件数が1,000件超えと、他県に比べて圧倒的です。4位に入った愛知県の他、神奈川県(6位)、大阪府(10位)など、人口密度が高く、ゴミの排出量が多い大都市はゴキブリ発生率がどうしても高くなるようです。

 注目は、富山県が3位に入っていること。ゴキブリは湿気の多い場所を好む傾向があり、富山県は年間の相対湿度(空気中に含まれる最大の水分量に対して、現在の空気がどのくらいの水分を含んでいるか)が77%と、沖縄県の74%よりも高く(1981〜2010年データ)、多湿な気候がゴキブリの生息に適しているようです。

 ちなみに、ゴキブリ発生率が低い都道府県には、岩手県(10万世帯あたり2.0件)、北海道(2.1件)、秋田県(2.3件)、山形県(3.1件)、青森県(3.1件)と、寒冷な地域が占める結果になっています。

◆家の中のゴキブリ要注意スポットは?
 続いて、住宅内でゴキブリをよく発見する場所のランキングは以下のような結果になりました。※シェアリングテクノロジーに寄せられた発見場所が判明しているデータ99件に基づく。

1位 キッチン(38.4%)

2位 リビング(12.1%)

3位 家全体(10.1%)

4位 風呂場(9.1%)

5位 エアコン(5.1%)

 ゴキブリ相談者の約4割がキッチンでゴキブリを目撃していることが判明。やはり食べ物があるキッチンは、ゴキブリの格好の出没場所になっているようです。さらにキッチンを含めて、風呂場、洗面所、トイレといった水まわりをまとめて考えると、全体の約半数を占めることに。

 ゴキブリは水を摂取しないと脱水症状となって死んでしまうため、水を求める傾向にあるのだとか。それに、洗面所や風呂場に残った人の垢や髪の毛も、ゴキブリのエサとなるので、水まわりはかなりの要注意ポイントとなるわけです。

 また、家全体で目撃するという意見も決して少なくなく、驚くほど強い繁殖力を持つゴキブリが、家の中に棲みついてしまうことも可能性としてありうるようです。

 ちなみに、全国から寄せられたゴキブリ駆除相談のデータによると、1年の中でゴキブリの駆除相談件数が最も多いのが7月。それに次いで8月、9月となり、今後もまだまだゴキブリ出没確率が高いシーズンが続きます。

 家の外からゴキブリが入ってこないためには、網戸の間などわずかでも隙間ができないように防ぐこと。家の中にいるゴキブリに対しては、生ゴミを捨てるゴミ箱には密閉できるフタをつけることがおすすめなのだそう。

 増やさず、家に入れない徹底対策を施して、平和に暮らしていきたいですね。

<文/佐藤まきこ>