三重県で花火大会に来た7歳男児 警備中のパトカーにはねられ重傷

ざっくり言うと

  • 三重県伊賀市の県道で7月31日、7歳男児が足の骨を折る重傷を負った
  • 当時は花火大会が開かれており、男児は警備中のパトカーにはねられたという
  • 男児は花火を見物した後、道路の反対側にいた母親のもとへ戻ろうとしたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x