流通大手「イオン」の全国各地の店舗で31日午前、レジを管理するシステムにトラブルが起きた。システムはすでに復旧しているが、一部の商品がセールの表示価格よりも高く販売されていた可能性もあるということで、イオンは差額を返金するなどの対応をとることにしている。NHKニュースが報じた。

システムは5時間半余りたった午前10時すぎには復旧し、この間、トラブルに気づいた店舗では従業員が手入力で会計処理をした。システムトラブルの影響は全国各地の店舗に及んだと見られ、イオンは具体的な店舗数やトラブルの原因などについて調査を進めている。イオンは「ご迷惑をかけ申し訳ありません。こうしたことが起きないよう、今後、システムの管理を徹底します」とコメントした。

イオン レジでトラブル セール前の価格で販売の可能性も(NHKニュース)