イスラム教徒が追放される恐れ インドで400万人の市民権を剥奪

ざっくり言うと

  • インド当局は30日、北東部アッサム州の住民400万人から市民権を事実上剥奪
  • 登録長官は、正統な市民には最終版に登録される機会が与えられると強調した
  • 大量のイスラム教徒が国外追放される懸念が生じているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x