運動障害の改善と拒絶反応 京都大学によるパーキンソン病の治験

ざっくり言うと

  • 30日、京都大学の教授はパーキンソン病の治験実現への意欲を見せた
  • 国内患者は推定16万人いるとされ、今回の治験に期待を寄せる人は多い
  • 運動障害が改善される可能性もあるが、拒絶反応の可能性も懸念されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング