『search/サーチ』ポスタービジュアル

写真拡大

映画『Searching』が『search/サーチ』の邦題で10月26日から公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『サンダンス映画祭2018』で観客賞を受賞した同作は、SNSを題材にしたサスペンス映画。ある日忽然と姿を消した娘のマーゴットの行方を追う主人公のデビッドが、彼女のInstagram、Facebook、Twitterにアクセスを試みることで、自分の知らない別人のような一面を見つけてしまう、というあらすじで、物語は全てパソコンの画面上で展開される。

主人公のデビッド役を演じるのは、『スター・トレック』シリーズのヒカル・スールー役などのジョン・チョー。そのほかの出演者にはデブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラーが名を連ねる。監督はGoogle Glassのみで撮影した映像作品『Seeds』で知られるインド系アメリカ人のアニーシュ・チャガンティ。『search/サーチ』が劇場映画デビュー作となる。

あわせてポスタービジュアルも公開。いくつものSNSの画面を凝視するデビッドの姿や、「娘を検索する―はじめて知る闇」「娘が行方不明。唯一の手がかりは24億8千万人のSNSの中にある」といったキャッチコピーなどが写し出されている。