アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟で不正が続いているとして、都道府県連盟の幹部や元五輪代表選手ら333人が各方面に告発状を送っていたことがわかった。

連盟幹部333人が日本五輪委などに集団告発

「スッキリ」が時事通信の報道をもとに伝えるところによると、告発状は日本オリンピック委員会などに送付され、日本ボクシング連盟の資格停止を求めている。告発状によると、リオ五輪に出場した成松大介選手に日本スポーツ振興センターから助成金240万円が交付された際、3等分され、ほかの選手2人にも80万円ずつ分配した不正流用の疑いや山根明会長が公式試合で審判に不当に圧力をかけた疑いがある。他にも、用具の独占販売など連盟が抱える問題を指摘している。

杉山愛(元プロテニス選手)「告発者の人数が多いですよね。やはり協会内ではなく、外の目というか、正当なものが必要になってくると思います。ボクシングだけではなくて他のスポーツにも」

加藤浩次キャスター「レスリングにもあった。大学のアメフトにもあった。いま、スポーツの悪しき因習というか、膿が出ているんだろうなと思う」

橋本五郎(読売新聞特別編集員)「とくにお金の問題はどんぶり勘定でしょうからね。そこをきちんとしないと公正さが疑われる」