佐川急便からの不在通知を装った偽ショートメールが横行、詐欺の被害が広がっている。

「不在のため持ち帰りました」というメールには、「再配達をご希望でしたら、こちらから日時設定をお願い致します」といった文面と共に、偽サイトへのリンク(多くの場合「sagawa.○○」といったURL)がセットになっており、サイトにアクセスすると詐欺アプリのインストールを勧めてくる仕掛けだ。

不在通知を装い、再配達を希望すると...

遠隔操作のウイルスに感染してしまい、被害者のスマホやパソコンから大量の偽メールがばらまかれる。おかげで、つぎの被害者たちから1日数十件の問い合わせを受けることもある。また、勝手にプリペイドカードを購入させられ、犯人がそれを使い、カネを引き落とされることも。

2万9520円をだまし取られた30代男性は「何も知らないうちに引き落とされてしまった。すごく悪質で、怖い」という。ABC(大阪朝日放送)の柴田博アナも被害者で、「佐川からというので気が緩んだ。きょうまでに50件の問い合わせがきている」と話す。

石原良純(気象予報士)「ネズミ算的に被害が増えるのか」

住田裕子(弁護士)「詐欺もふくめたいろいろな犯罪に当たり、組織的です。消費者は電話で確認することが必要です。リンクのついたものは注意しないといけません」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「詐欺だけでなく、佐川急便へのアタックもあるのかもしれない」

司会の羽鳥慎一「サイト画面はほぼ一緒。インストールのところを開かないように、気をつけてください」