栃木県の小1女児殺害事件 判決を控えた被告が断言「無罪しかない」

ざっくり言うと

  • 2005年に起きた栃木県の小1女児殺害事件で8月3日に判決を控えた被告
  • 「無罪しかない」と断言し、有罪でも絶対に無罪を勝ち取ると語気を強める
  • 事件については無実なので何も言えないとし、「僕も被害者の一人」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング