世の中にはレトロ風をうたう製品が数多くあるが、本物のレトロプロダクトがもつ時間を経た重厚さは再現できないものだ。米オンタリオ州をベースとするFlyte Campが販売しているキャンピングトレーラー『Geographic Model X』は、まさに1961年に製造された往年の車両を復元したプロダクトである。

【詳細】他の写真はこちら



もともとはHoliday Houseというメーカーが製造していた、このトレーラー。当時7台が製造されたものの、その後に製造工場が焼失。残った1台が今回修繕されたというわけだ。

復元された内装は、まるで歴史あるホテルのレセプションのような、重厚な雰囲気を漂わせている。また車内には体を休めるためのソファはもちろん、キッチンやシンクも完全装備。簡単な調理を楽しむことができる。



車両前部には大きなガラスウィンドウが設けられており、車内に光を取り込んでくれる。こちらのソファは大きめで、横になれば仮眠をとることだって十分に可能だろう。



内部には当然のようにトイレも設置されている。半世紀前のトレーラーを復元したとは思えない、豪華な装備の数々は圧巻。



『Geographic Model X』には25万ドル(約2800万円)の値札がつけられ、オンライン販売されている。なかなかラグジュアリーな値付けだが、その歴史的な価値を考えれば値段なりの価値があるのではなかろうか。

関連サイト



Holiday House Geographic Model X

text塚本直樹