厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第10回:ユナカイト

 今春の3歳牝馬クラシックは、1頭の”ヒロイン”による独壇場となった。GI桜花賞(阪神・芝1600m)、そしてGIオークス(東京・芝2400m)と、圧倒的な強さで二冠を達成したアーモンドアイ(牝3歳/父ロードカナロア)である。

 同馬の母は、2006年のオークスで2着となり、同年のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を古馬相手に制したフサイチパンドラ。アーモンドアイはその子として早くから注目を集めていたが、デビューから1年足らずで、すでに”母越え”の活躍を見せている。

 一冠目の桜花賞では、4コーナーでほぼ最後方の16番手から、上がり33秒2の驚異的な末脚を繰り出して、強豪ライバルたちを一蹴した。

 続くオークスでは、一転して好位の6番手をキープし、積極的な競馬を見せた。ただ、桜花賞から800mも距離が伸びているスタミナ戦。このまま最後まで持つのか、ファンの脳裏にはそんな不安が一瞬よぎったが、彼女はそうした心配をよそに、またも圧巻の走りを披露した。

 直線を迎えて外に出すと、ほぼ持ったままで先頭へ。再び33秒2という上がりタイムをマークして、後続の追撃も難なく振り切ってゴール板を颯爽と駆け抜けていった。

 この夏場は、じっくりと休養しているアーモンドアイ。秋には牝馬三冠への注目が集まるが、その先の、牡馬や古馬との頂上決戦も期待される。いずれにせよ、復帰後の活躍へ、多くのファンが胸を躍らせている。

 そんななか、同馬の妹となる若駒がデビューを迎えようとしている。美浦トレセンの木村哲也厩舎に所属するユナカイト(牝2歳/父ヨハネスブルグ)である。



アーモンドアイに続く活躍が期待されるユナカイト

 8月5日の2歳新馬(新潟・芝1400m)でデビュー予定の同馬。その成長過程を間近で見てきたスタッフはどんな評価をしているのか。育成を行なったノーザンファーム空港牧場(北海道)の中川晃征氏は、春の取材でこう話していた。

「(ユナカイトは)いい馬ですね。決してアーモンドアイが活躍したから言うのではなく、姉がまだ活躍する前、育成を始めた時点からいい馬だと思っていました。体つきやフットワークからダートも走れると思いますが、スピードがあるので、やはり芝がよさそうですね」

 なお、アーモンドアイの父はロードカナロアだったが、こちらはヨハネスブルグに変わった。その違いについては、中川氏はこんな感想を口にした。

「ヨハネスブルグの産駒は仕上がりの早いタイプが多く、この馬も完成度が高いですね。距離適性については、1200mから1600mあたりがいいのではないでしょうか。この馬が、ヨハネスブルグの代表産駒になればいいですね」

 ヨハネスブルグは、日本ではまだGI馬を出していないが、ユナカイトが初めてのGI馬となるのか、自然と期待は高まる。 姉のアーモンドアイが二冠馬となって、俄然注目度が増したユナカイト。デビュー戦から姉を彷彿とさせる走りを見せてくれるのか。ファンならずとも、見逃せないレースといえそうだ。

◆牝馬優勢もあえて牡馬。アイビスSDは格下レッドラウダが下克上する>>

◆アイビスSDは舞台適性を重視。相性バッチリの3頭が主役の座を狙う>>