医師から余命宣告受け財産手放すも…訪れぬ「死」に憤り

ざっくり言うと

  • 2013年に医師から余命1年の宣告を受けた男性が悲痛な声を上げている
  • 財産や仕事をすでに手放したが、5年が経過しても「死」が訪れる気配はない
  • 生きているのは喜ばしいものの、医師の誤診を疑って憤りも覚えているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x