ティム・クック氏の目論見外れる?新型iPhone廉価版は発売遅れる可能性

ざっくり言うと

  • Appleは2018年投入の新型iPhoneで、スーパーサイクルを再現したい考えだ
  • しかし、ここにきてティム・クック氏の目論見が外れそうだという
  • 液晶ディスプレイ搭載の廉価版iPhoneに、生産遅延の可能性が指摘された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x