ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 夏の新潟開催がスタートします。

 例年にないほどの異常な暑さに見舞われた福島開催は、最終週も波乱が続出。やはり、馬にとっても、人にとっても、大変な環境だったんだな、と痛感させられました。それに比べると、新潟はそこまで気温が上がることはなく、心地よい風も吹く競馬場ですから、人馬ともに福島開催よりは気分よく競馬に臨めるのではないでしょうか。

 そんな新潟開催の開幕週に行なわれる重賞は、今年で18回目となるGIIIアイビスサマーダッシュ(以下、アイビスSD)。国内では唯一の直線・芝1000mが舞台の、いわゆる「千直」で行なわれる夏の新潟の”名物重賞”です。

 現役時代、僕はカルストンライトオで2回、同レースを勝たせてもらいました。さらに、日本で初めて行なわれた千直のレースも勝たせてもらっているため、同舞台に対する思い入れはかなり強いです。

 コース自体はシンプルですから、もしかすると単純なコースだと思っている方もいるかもしれませんが、実は意外と奥が深くて、スタートや道中の駆け引きなど、騎手の腕が問われるコースなんです。その分、僕も千直で騎乗するときは楽しかったことを覚えています。

 やはりスタートは大事。ゲートの出と、そこからのダッシュ力は必須ですね。スタートがうまければ、それだけで普通のコース以上に大きなアドバンテージとなります。逆に出遅れは、それだけで致命的なものになってしまいます。

 ですから、僕は千直のレースに騎乗するときは、ゲートの中で手綱を持つ位置を変えて”千直専用”のスタートをしていました。

 また、1000mというと、中央競馬では一番短い距離のレースになりますが、だからといって、ひと息に走り切れる距離ではありません。しっかりと道中でタメを作ってあげないと、最後に止まってしまいます。

 枠順は「外枠が有利」と言われていますが、内枠を引いた馬であってもダッシュ力があれば、序盤に外へ寄せていくことができますから、一概に「内枠不利」とは言い切れません。それに、反対にテンにいけない馬が外枠をひくと、内から外へと殺到してきた馬に包まれて進路がなくなってしまうことがありますからね。

 コース取りはそれぞれの駆け引きがありますし、レースを検討するうえでは、馬の脚質や個性を考えて、その枠が合うのかどうか、考えることも重要でしょう。

 わずか1000mの戦いですが、そこにはさまざまな要素が含まれています。ゆえに、僕も騎乗しているときは考えることが多く、だからこそ、「楽しい」と感じていました。騎手による巧拙が出るコースだと思います。

 まさに難しさと面白さが凝縮された千直を舞台にして行なわれるアイビスSD。例年、この舞台を得意とするスペシャリストが集結するレースですが、今年は昨年のレースも走っていた馬が4頭だけ。前年覇者のラインミーティア、この舞台の常連だったネロもおらず、だいぶ顔ぶれが変わった印象があります。

 そうした状況にあって、まず注目を集めるのはダイメイプリンセス(牝5歳)でしょうか。今年の春に初めて千直の1600万特別・駿風S(5月5日)を走って、2馬身半差の快勝。続くオープン特別の韋駄天S(5月20日)でも2馬身差をつける強い勝ちっぷりを披露しました。

 どちらも道中のタメがしっかりと利いていて、最後の100mで後続を突き放す圧巻の内容でした。千直への適性の高さを感じさせますし、昨年の夏場も連勝を飾っているように、暑さを苦にしない牝馬というのも心強いですね。

 ただ、気になるのは、テンのダッシュ力がやや乏しく、後方からレースを進めるタイプであること。これまではうまく進路が開いたので、最後は余裕をもって突き抜けることができましたが、千直における後方待機馬は、馬群が壁になってさばき切れないのではないか、という不安が常につきまといます。

 重賞ともなると、途中で脱落するような馬も少なくなります。まして今回は、他馬のマークを受ける立場。これまでのような”楽な競馬”にはならないのではないか? と思ってしまいます。

 そうなると、やはり目がいくのは先行力があって、自分の能力を出し切れる、千直で信頼できるタイプです。今年は、3歳馬ラブカンプー(牝3歳)と、昨年の3着馬レジーナフォルテ(牝4歳)の、2頭の牝馬への期待が膨らみます。

 ラブカンプーはデビュー以来、ほとんどのレースでハナを切っているように、抜群のスタートとダッシュ力が魅力です。そのうえ、これまでのレースを見てみると、ただ先行して粘るだけでなく、直線でもうひと伸びする脚を繰り出しています。そんなところに千直向きの資質を感じますし、今回は51kgという軽量で臨めるのも大きいですね。

 さらに、鞍上がミルコ・デムーロ騎手。通算成績9戦5勝と、千直でも無類の強さを発揮しています。先述したように、千直は騎手による巧拙が勝負を分ける要因にもなるので、この乗り替わりは相当なプラス材料でしょう。

 2015年、2016年には、ベルカントで連覇を果たしたデムーロ騎手。同馬とイメージが被るラブカンプーで、同様の結果を残してもおかしくありません。

 レジーナフォルテも先行力のある牝馬です。3歳だった昨年は軽量(51kg)を生かしてがんばっていましたが、前走で1600万特別のテレビユー福島賞(6月30日/福島・芝1200m)を骨のあるメンバー相手に勝利。順調に成長している様子がうかがえました。今年は斤量54kgを背負いますが、そのレースぶりからして勝ち負けを期待していいと思います。

 前述のダイメイプリンセスが勝った韋駄天Sでは12着に敗れていますが、これは、開催最終週にあってやや重と馬場が悪かったこと、内枠(2枠4番)が響いて行き切れなかったことなどが影響したのだと思います。開幕週のスピード勝負となれば、巻き返せるのではないでしょうか。

 ということで、今年は牝馬がレースの中心になると思っています。あとは、枠順や展開を考慮して、どの馬が力を出し切れそうか、きちんと見定めていきたいですね。

 さて、アイビスSDでは「牡馬」と「格上挑戦」というキーワードによる、人気薄馬の激走がよく見られる印象があります。

 格上挑戦の馬が、人気がないのは当然のこと。そして、夏場は「牝馬が強い」という通説が競馬ファンの間では定着していますし、このレース自体、牝馬の活躍が目立っていますから、牡馬というのは必然的に人気を落としやすいのでしょう。

 そこで、今回の「ヒモ穴馬」には格上挑戦の牡馬、昨年も期待していたレッドラウダ(牡5歳)を取り上げたいと思います。


格下の条件馬ながら、侮れないレッドラウダ

 昨年はクラス再編成(年齢と収得賞金によるクラス〈=条件〉分け)の直後だったため、格上挑戦の形となったレッドラウダですが、その後も勝利を挙げていないため、今年も立場上は1000万条件の身。それでも、千直への適性は高く、アイビスSDが1年の大目標といってもいい馬。除外も覚悟のうえで、このレースに向けた調整を進めてきたように思います。

 この1年間、勝利こそありませんが、春の新潟では千直の1000万特別・邁進特別で2着、格上挑戦の韋駄天Sでも3着と好走。どちらも不利な最内枠を覆(くつがえ)しての結果ですから、十分に評価できます。千直ならば、まったく格下感を抱かせない走りができる馬です。

 昨年は11着と大敗を喫しましたが、千直でコンビを組んで結果を残していた石川裕紀人騎手が負傷。まったくのテン乗りだった大野拓弥騎手が鞍上だったことも、少なからず影響したと思います。

 しかし、今年は石川騎手に手綱が戻ります。久々の騎乗となりますが、手の内に入れてくれていれば、上位食い込みの期待は高まります。 極端なまでに千直へのこだわりを持ったローテーションで、再びアイビスSDの舞台に戻ってきたレッドラウダ。この1年間の経験を糧にして、昨年の悔しさを晴らす好走を見せてほしいと思います。

◆アイビスSDは舞台適性を重視。相性バッチリの3頭が主役の座を狙う>>

◆偉大な母にハズレなし。順調すぎるレーヴドカナロアは兄姉を越える>>