「残りの人生を家族と」元ナイジェリア代表GKが急性白血病で現役引退

ざっくり言うと

  • ウォルヴァーハンプトン所属で、ナイジェリア代表GKのカール・イケメ
  • 2017年7月に診断された急性白血病が原因で、現役を引退することを発表した
  • 決断について、「残りの人生を家族と過ごすためには小さな代償さ」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x