「今年はもうしません」 菊池雄星が2段モーションの封印を明かす

ざっくり言うと

  • 26日のオリックス戦で、西武の菊池雄星は2段モーションを1段に変更した
  • 股関節などが使われた下半身主導のフォームが功を奏し、9回1失点と好投
  • 今シーズン中は「もう2段はしません。状態は良くなってきている」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x