愛媛県でうなぎの蒲焼などによる集団食中毒 無期限の営業停止処分に

ざっくり言うと

  • 愛媛県の産直市でうなぎの蒲焼などを購入した38人が食中毒の症状を訴えた件
  • うち15人が入院、3歳男児が重症で、患者からはサルモネラ菌が検出された
  • 鮮魚コーナーの運営母体には27日から無期限の営業停止処分が言い渡された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x