映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』麻薬戦争の現実描くクライムアクション続編

写真拡大

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』が、2018年11月16日(金)に全国の劇場で公開される。

クライムアクション映画『ボーダーライン』続編

本作は、アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールの通用しない麻薬戦争の恐るべき現実を描き、アカデミー賞3部門にノミネートされたエミリー・ブラント主演のクライムアクション映画『ボーダーライン』の続編。アメリカへのテロリスト流入に深く関連している密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるため、CIA特別捜査官のマットと、彼に雇われた一匹狼の殺し屋・アレハンドロが、カルテル間の内戦を引き起こすという危険なミッションに挑む。

ストーリー

アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。

しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる......。

ベニチオ・デル・トロ&ジョシュ・ブローリンが再び登場

任務遂行の為には手段を問わない、CIA特別捜査官マット役を再び演じるのは、『アベンジャーズ』 シリーズのヴィラン・サノス役や『デッドプール2』のケーブル役で知られるジョシュ・ブローリン。そして殺し屋・アレハンドロ役も、『トラフィック』 でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロが前作から続投する。

また、脚本を前作『ボーダーライン』から引き続きテイラー・シェリダンが担当。監督は、世界的人気ゲーム「コール・オブ・デューティー」の実写映画化にあたり、監督として契約交渉が進む、気鋭のステファノ・ソッリマが務める。

作品情報

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
公開時期:2018年11月16日(金)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
原題:Sicario: Day of the Soldado


[写真付きで読む]映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』麻薬戦争の現実描くクライムアクション続編

外部サイト

  • 「夜空と交差する森の映画祭」が栃木・ツインリンクもてぎで、約50本の作品をオールナイト上映
  • エマ・ワトソンに夢中!映画でヒロインを演じた厳選5作品、『美女と野獣』『ウォールフラワー』など
  • 【映画まとめ】2019年公開作品<洋画編>ディズニーアニメ実写化、スター・ウォーズほか