新潟11R「佐渡ステークス」芝2000
★強い1勝馬の、グローリーヴェイズが2勝目をゲットする★
◎4グローリーヴェイズ
○9サンティール
▲6アッフィラート
△1ルネイション、8マイネルラフレシア
 唯一頭の3歳馬、グローリーヴェイズに期待。
 「勝ち星は新馬1勝だけとはいえ、きさらぎ賞・GIII2着、京都新聞杯・GII4着は自己条件のここでは大威張りできる。実力は間違いなく重賞レベル」
 史上初の牝馬3冠に輝いた、メジロラモーヌの近親に当たり、確かな血統的裏付けもある。まさに、前途は洋々。
 「ハンデ54(前走56)、デムーロ騎手へ乗り替わりなど好材料が目白押し。もう負けは許されない」

新潟10R「月岡温泉特別」芝1600
★重賞きγ紊亮太喃蓮▲圈璽好罐縫凜 璽垢蚤臑里い韻襦
◎13ピースユニヴァース
○5ダイアトニック
▲4クリアザトラック
△6ランウェイデビュー、14エルビッシュ
 <2212>と、安定感抜群のピースユニヴァースが勝つ。
 「着外2回は、京王杯2歳S・GII4着と、前走のアーリントンカップ・GIII6着。2階級下がったら、勝って当然。負けたら言い訳は通用しない」
 古馬と初対決だが、54(前走56)はアドバンテージ。脚質的に新潟の外回り1600辰眄箙イ良饌罅
 「前々走で魅せた、自慢の差し脚が炸裂する」

札幌11R「TVh賞」芝1800
★地力強化の目覚ましい、スティッフェリオで今度こそ★
◎13スティッフェリオ
○11ルッジェーロ
▲12プロフェット
△2ロライマ、9ドレッドノータス
 ここに来て、一皮むけたスティッフェリオをイチ押し。
 「休み明けの北斗特別を鮮やかに逃げ切り勝ち。続く、五稜郭Sは2着に敗れ2連勝は逸したが、展開のアヤだから悲観することはない。勝ち馬に上手く逃げ切られたが、3着は3馬身半突き放し、実力の片鱗は示した」
 もともと、セントライト記念・GII4着、菊花賞(14着)に駒を進めた、厩舎の期待馬。軌道に乗った以上、チャンスは十分ある。小倉11R「薩摩ステークス」ダ1700
★オープン下がりの、メイプルブラザーが総合力で一歩リード★
◎2メイプルブラザー
○4ウェスタールンド
▲1ショートストーリー
△8タガノディグオ、9クレマンダルザス
 実績、実力ともここではメイプルブラザーが最右翼。準オープンは昨秋の晩秋Sを優勝している。
 「オープンでも前々走の・仁川Sで3着と好走しており、降級すれば明らかに実力上位。まだ底が割れていないのも魅力で、プラスアルファは大きい」
 確かに休み明けのハンデは否めないが、そこは底力でカバー出来るハズ。