【今週デビューの注目馬】

☆ファクトゥーラ

 2018年7月29日(日)新潟第6R芝1400m戦に出走予定のファクトゥーラ。馬名の由来は「アルゼンチンの菓子パン。父名、母名より連想」。牝、黒鹿毛、2016年2月22日生。栗東・吉村圭司厩舎。父マンハッタンカフェ、母カニョット、母父Sunray Spirit。生産は白老町・社台コーポレーション白老ファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額1800万円。半兄には芝の中長距離で2勝を挙げたメイアルーア(父スペシャルウィーク)がいる。本馬はまだ緩さがある馬体ながらも、バランスが良く、非常に柔らかみがあり、飛びが大きいダイナミックな走り。追い切りではふわふわしたところがあったが、追われると徐々に四肢を伸ばし、素晴らしいスピードを見せた。先々まで楽しみなタイプだが、初戦から狙ってみたい。なお、鞍上は戸崎圭太騎手。

☆シェーングランツ

 2018年7月29日(日)札幌第5R芝1800m戦に出走予定のシェーングランツ。馬名の由来は「美しい輝き(独)」。牝、青鹿毛、2016年1月29日生。美浦・藤沢和雄厩舎。父ディープインパクト、母スタセリタ、母父Monsun。生産は千歳市・社台ファーム、馬主は社台レースホース。愛馬会法人・社台サラブレッドクラブの募集馬で総額8000万円。半姉には17年オークス(GI)や16年阪神JF(GI)とGIを2勝しているソウルスターリング(父Frankel)がいる。本馬はすらっとした脚長ではあるが、バランスは良く、胸前はボリューム満点で幅がある。トモには収縮性抜群の良質な筋肉を持ち、上下動が少なく地面をしっかりと捉えたシャープな走り。上級クラスでの活躍が見込める素質馬。なお、鞍上は北村宏司騎手。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。