台風12号はあす27日(2018年7月)に小笠原諸島に接近し、その後、北西に進路を変えて、28日午後に関東地方に接近または上陸すると予想されている。28日(2018年7月)には東京・隅田川花火大会も予定されているが、2013年はゲリラ豪雨で大荒れとなり、開始30分で中止となった。

激しい雨で川の増水、土砂崩れ

気象予報士の増田雅昭「夏の台風は雨が激しく降ります。河川の増水、土砂災害に注意が必要です」

司会の真矢ミキ「夏休みにも入って、これから楽しいことがいろいろあるんでしょうけどね」

堀尾正明キャスター「進路によっては、西日本豪雨の被災地にも影響を与えるおそれがあります。気になりますね」