もっと一緒にいたかった…!彼との別れが早くなる「短命LINE」4選

写真拡大

彼氏とのLINEのやり取り、毎日楽しんでますか?
でも楽しみすぎて、LINEのやり取りにこだわると逆に危険な可能性もあります。
LINEのやり取りが原因で、彼との別れを早めるリスクもあるのです。

今回は、彼との別れが早くなる「短命LINE」についてご紹介していきます。
以下のようなLINEを送っている女性は要注意ですよ。

(1)早い返事を意識しすぎ


『重荷過ぎる』(27歳/営業)

早い返事を意識しすぎな人は、LINEで彼に必要以上のプレッシャーを与えているかもしれません。
自分は彼に早く返事をしたいから良いかもしれませんが、受け取った彼氏はどうでしょうか。
自分もなんとなく早く返事をしなければいけなく感じてしまいますよね。

また、自分がいつも早い返事を意識していると、彼からの遅い返事に苛立つようにもなります。
そんなやり取りがやがて彼との溝を深め、二人をギスギスした関係にします。

(2)長文すぎ


『ポエマーか?!』(30歳/金融)

長文LINEも短命カップルのLINEとしてよく言われる例ですね。
彼とたくさん話をしたいという気持ちが先行し、つい長文LINEを送っていませんか?
長文LINEも早い返事と同じで、相手に変なプレッシャーを与えることになります。

長文ばかりのLINEは、付き合いたての最初こそ盛り上がるかもしれません。
でもやがて面倒臭くも感じてくるものです。
気軽にLINEを送りやすくするためにも、長文ばかりのやり取りは避けるべきでしょう。

(3)内容がない


『内容がないよう〜なんちって!』(35歳/ダジャラー)

「おはよう」「おやすみ」等の挨拶ばかりのLINEも要注意ですね。
内容がないLINEは、実はコミュニケーションをまともに取っていないことと同じです。
気が付けば、何日もまともな会話をしていない……ということも多くなっていませんか?

その他、天気やニュースの話など、誰とでもできるLINEなども同じですね。
せっかくカップルの二人なのですから、二人しかできない会話をもっと充実させていきましょう。

(4)ラブラブを意識しすぎ


『冷めたときに気持ち悪くなった』(29歳/塾講師)

普段からLINEで「好き」「愛してる」等の言葉を使いすぎのカップルも気をつけましょう。
ラブラブなやり取りを意識しすぎると、やがて言葉に重みがなくなります。

たまに愛してると言われるからこそ、気持ちに真剣味も増しますよね。
普段は楽しい内容のあるやり取りを意識しつつ、たまにカップルらしい甘いやり取りができるのが一番です。

----------

毎日の楽しいLINEのやり取りが逆に原因で、別れを早めてしまうことにもなります。
LINEは毎日のことですし、お互いを不幸にするようなやり取りは避けたいですよね。
以上のような短命LINEにはぜひ注意してください。

(文/恋愛jp編集部)