アメリカの科学雑誌が論文を発表「火星で液体の水の存在を確認」

ざっくり言うと

  • 米科学雑誌が25日、火星で液体の水の存在を確認できたとする論文を発表
  • 火星の南極にある氷の約1.5キロ地下で、直径約20kmにわたり確認できたそう
  • 火星で、液体の水が存在することが確認されれば初となるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x