若手社会人が上司に求める能力、トップは「コミュニケーションスキル」

写真拡大

レジェンダ・コーポレーションはこのほど、2010年から2018年に新卒で入社した入社9年目までの社会人を対象に意識調査を実施し、その結果を発表した。

若手社会人に上司を尊敬しているか尋ねたところ、「尊敬している」「やや尊敬している」との回答が合わせて75.2%となった。

(出所:レジェンダ・コーポレーション)

上司に求める人間力が何か重視するものを3つまで選んでもらったところ、「コミュニケーションスキル」(51.9%)、「リーダーシップ」(51.2%)、「専門的な知識・ノウハウ」(39.9%)が上位に挙がった。

また、50.9%の若手社会人が上司との会話や面談が仕事上モチベーションの向上につながると答えた。

上司に言われて心を動かされた言葉について聞いたところ、「キミならできる」「期待しています」など上司に信じてもらえることが伝わる言葉が多く挙がった。

調査は、2018年6月8日〜6月20日にかけて、2010年から2018年に新卒で入社した入社9年目までの社会人を対象に実施し、743人から回答を得た。