未来のミライ、前作から40%減 2016年の3大インパクトの影響?

ざっくり言うと

  • 初登場2位となった、細田守監督作品の「未来のミライ」
  • 興収4億円で、前作「バケモノの子」と比較して60%の成績だという
  • 2016年の庵野・新海・宮崎の三大インパクトが影響している、と筆者は綴った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング