全部分かれば「賢者」 あなたはスマホメーカーの「読み方」と「国」がわかりますか?

写真拡大

かつての携帯電話(ガラケー、フィーチャーフォン)は、ほとんど国内のメーカーだった。
しかしスマートフォン(スマホ)時代の今は一転して、グローバル化が進み、ほとんどが海外メーカーとなっている。

国内メーカー、Made in Japanにこだわりたいという人も多いかと思うが、スマホなどのITやモバイルの世界ではそうは言っていられない。

実際、国内でもっとも人気のあるスマホ「iPhone」も、国内メーカーではないからだ。

そこで今回は、スマホやタブレットの海外メーカーの読み方と国当てクイズをしてみたいと思う。

あなたは、次にあげる海外メーカー名を日本語の読みでいくつ正しく読めるだろうか?

1)Apple
2)SAMSUNG
3)Nokia
4)Motorola
5)LG Electronics
6)HTC
7)ZTE
8)HUAWEI
9)OPPO
10)Acer
11)ASUS

簡単だと感じる人もいるだろうが、まったく読めないという人も少なからずいるはずだ。

店頭などで、展示されているスマホやタブレットを前にして、
「ドヤ顔で間違ったメーカー名を言ってしまった」
そんな恥ずかしい醜態をさらせば、先々までネタにされ、トラウマにもなる。

SAMSUNGを、サムソンやサムシン
HTCを日立
ASUSをアスース
などと読んでしまったりすると、かなりヤバい。
その場で、店員さんにさりげなく言い直されるので、赤面とともにアドレナリンが吹き出し、あなたの信用とプライドは、地に落ちること間違いなしだ。


それでは、読み方の正解は以下にスクロールしてみよう。


1)Apple(アップル)
2)SAMSUNG(サムスン)
3)Nokia(ノキア)
4)Motorola(モトローラ)
5)LG Electronics(エルジー エレクトロニクス:エルジー電子)
6)HTC(エイチティシー)
7)ZTE(ゼットティイー)
8)HUAWEI(ファーウェイ)
9)OPPO(オッポ)
10)Acer(エイサー)
11)ASUS(エイスース)

さて、あなたは、いくつ読めただろうか?

全部読めれば、立派な「賢者」だ。
しかし全部読めなくても、後半のメーカーのいくつかを正確に読めれば、それでも十分に「賢者」としての資格はあるだろう。


では、もう1問。
これらの海外メーカーはどこの国の企業なのだろうか?

これも知っている人にとっては簡単だが、知らない人にはまったく想像も付かないだろう。
特に最近は、海外進出している企業が多いので、本来の国を当てるは意外に難しい。

間違っても、HTCが日立=日本だとは答えないようにしてほしい。


それでは、答えは以下にスクロールしてみよう。


1)Apple(アップル)…アメリカ
2)SAMSUNG(サムスン)…韓国
3)Nokia(ノキア)…フィンランド
4)Motorola(モトローラ)…アメリカ
5)LG Electronics(エルジー エレクトロニクス:エルジー電子)…韓国
6)HTC(エイチティシー)…台湾
7)ZTE(ゼットティイー)…中国
8)HUAWEI(ファーウェイ)…中国
9)OPPO(オッポ)…中国
10)Acer(エイサー)…台湾
11)ASUS(エイスース)…台湾

現在の主要メーカーともいえる上記にあげたメーカー11社のうち、なんと8社がアジア企業なのだ。
サムスンをはじめ、スマホ時代になってから台頭してきた海外メーカーは軒並みアジア企業なのである。

多くの人が現在使っているスマホのメーカーに馴染みがないと感じるのも、そうした背景も影響しているのだ。

今後、こうしたアジアの企業は、現在の欧米を含めた企業同様に、スマホやタブレット市場を足場に成長していくことだろう。世界有数の企業に成長する日も、遠くないのかもしれない。
撮影・執筆:2106bpm