©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

7月25日(水)の放送では、大型新人が現れたときの表現の仕方について討論する。

©テレビ朝日

「山口百恵の再来」「和製○○」「○○2世」などといった触れ込みは大事なのか?という投稿者の意見から、マツコと有吉は、山口百恵の経歴やその凄さを語り合う。「まだまだできるのに」「まだ見ていたいのに」というように、惜しまれながら引退したからこそ、伝説化しているのではないかと話す。

そこから話題は移り、「スターとはなにか?」について語り合うマツコと有吉。

マツコが解説する今の時代にスターが生まれない理由、そして、有吉が語る「山口百恵の再来」というようなキャッチフレーズが生まれる原因とは?