回収された長春長生生物科技のワクチン(写真:REUTERS/Stringer)

中国でワクチン製造会社による製造記録の改ざんや、品質基準に満たない製品の大量出荷が明らかになった。ワクチンを巡っては、わずか2年前の2016年にも、冷蔵保管されない予防接種用のワクチンが、全国規模で出回った事件が報じられたばかりだ(参考記事:中国「違法ワクチン」、幼児の体に起きた悲劇)。

相次ぐ「ワクチン・スキャンダル」に、李克強首相のみならず、アフリカを訪問中の習近平国家主席までが、相次いで徹底調査を緊急に指示するなど、国民の不安解消に追われている。

狂犬病ワクチンの製造記録を改ざん

7月15日、国家食品薬品監督管理局は、吉林省にある長春長生生物科技有限会社(以下、長春長生)が、狂犬病ワクチンの製造過程で、記録偽造など重大な違反をしたと発表した。その上で、同社に製造停止を命じるとともに、同社のワクチンの製造資格を剥奪した。一方、違反のあった製品については、市場に出回ったものも含め、すでに全量を押収したとしている。

中国メディアによれば、長春長生の2017年の狂犬病ワクチンの出荷量は、355万人分に上り、国内第2位という。

狂犬病は発症すると、死亡率が100パーセントに近いと言われている。そのため、狂犬病のウイルスを持っている動物に噛まれた場合には、速やかにワクチンを打ち、発症を防ぐ必要がある。命を守る最後の望みであるワクチンで、データの改ざんがあったのだ。

中国では、いまだに狂犬病が発生しており、毎年数百人が死亡しているだけに深刻である。今年5月には、首都北京の日本人も多く住む地域で、野良犬が次々と8人に噛み付き、狂犬病が疑われた。その時は、北京在住の日本人同士で「もし犬に噛まれても、中国のワクチンは偽物の可能性もあるから、ワクチンを打つのも危険だ」などと冗談を言い合っていたが、まさにその事態が生じたのだ。

しかもそれだけではなかった。過去に、長春長生が製造し、出荷した子どもの予防接種用のワクチンが、品質基準を満たしていなかったという「前科」が明らかになった。

当局から指摘を受けたのは昨年10月。基準を満たしていなかった製品とは、ジフテリア、百日咳、破傷風の3種混合ワクチンである。当時の監督当局の調査では、長春長生ともう1社、武漢生物科技有限会社が製造した同ワクチンが品質基準を満たしていないにもかかわらず、合わせて65万本が出荷されてしまっていた実態が明らかになった。

中国メディアが報じた、山東省の衛生当局の発表によれば、省内に長春長生の問題のワクチンは、25万本以上流入していた。しかも、すでに21万人以上の子どもにそのワクチンが打たれていたという。

一方、武漢生物科技が出荷した40万本のうち、21万本が河北省、19万本が重慶市に販売された。それを打った子どもは、河北省では14万人以上。分かっただけでも、合わせて35万人の子どもたちに、品質基準を満たしていないワクチンが使われていたのだ。

不信感を募らせる親たち

問題のワクチンは人体に影響を与えないのだろうか。中国メディアは、免疫効果がなくなる可能性はあるものの、健康には悪影響を与えないとする専門家の見解を報じている。


写真は子供に接種するワクチン。北京の病院で2016年4月撮影(写真:ロイター/DAMIR SAGOLJ)

長春長生製のワクチンを子どもに打ったという母親が、中国のテレビ局の取材に応じている。広東省に住むその女性は、今年2月、生後3カ月の女の子に、3種混合ワクチンの接種を受けさせた。

娘はその10数日後、激しく咳き込み、喘息状態になったという。携帯電話で撮影した映像では、乳幼児が泣き声のような咳を続けていた。病院に連れて行くと、百日咳と診断され、集中治療室に入れられたという。打ったワクチンは同社のものではあったが、問題の出荷分ではなかった。

ただ、この女性は、「ワクチンに効力がなく、免疫の保護能力がなかったので、かえって百日咳にかかってしまったのだと思う」と話している。問題の企業やワクチンそのものに、大きな不信感を募らせているのがよく分かる。


長春長生の高俊芳会長(香港01のサイトより)

長春長生は、国有医薬品メーカーの子会社として1992年に設立された。現在のトップは、64歳の高俊芳会長である。色白のふくよかな女性で、見た目は実年齢より若い。昨年の中国の富豪番付では、家族が51億元(約831億円)の資産を保有し、吉林省で第3位の資産家とされた。

庶民の健康を食い物にして、巨額の利益を得ている。そう疑いの目が向けられてもおかしくない。

澎湃新聞は、過去の裁判資料などから、不完全な統計としながらも、長春長生とその親会社が、これまでに少なくとも12件の贈収賄事件にかかわっていると報じている。そのほとんどが、医薬品の販売代理店が贈賄側、市や県の疾病コントロールセンターの職員が収賄側という構図だ。うち4件は長春長生の職員が直接関与していたという。

高俊芳会長ら15人の身柄を拘束

そして24日、警察当局は、刑事犯罪にかかわったとして、高会長ら15人の身柄を拘束した。事態は一定の結論に達したかのように見えるが、品質基準を満たしていないワクチンが流通してしまった事実を考えれば、事件の本質は一企業だけの問題ではないだろう。

習近平国家主席は、長春長生の行為を、「劣悪で、ショッキング」とし、ワクチンの管理体制を確立するよう指示した。李克強首相は「人の道徳の最低ラインを超えた」と激しく非難し、人間の生命と安全に危害を加える犯罪行為は必ず取り締まると宣言した。

中国では問題が起きる度に、指導者たちが勇ましい言葉で取り締まりと再発防止を宣言する。それにもかかわらず、食品や薬品の安全問題は、繰り返し起きる。

その代償を払うのはいつも庶民だ。