都内でのイベントに出席した吉田。“ハンパない”発言も飛び出した。写真:徳原隆元

写真拡大

 日本代表の吉田麻也がツイッター上でたびたび披露している、あのネタを都内で行なわれたイベントの席でも堂々と披露してみせた。

 吉田は24日、自動車メーカー・ブランド「ランドローバー」のブランド・アンバサダー就任のイベントに出席。元日本代表で日本サッカー協会理事の北澤豪氏とのトークセッションでは、自身のクルマに対する想いやランドローバーへの愛着などを語った。

 その北澤氏との会話の中で、最新のランドローバーの印象を問われた吉田は、「今までボタンだったところがタッチパネルになっていたり、感度もすごく良い。僕はそういう最先端なのが好きなので。それにエレガントなんですけど、トゥーマッチじゃない。主張し過ぎない洗練された感じがありますね」と、自分好みの車であることを明かした。

「品がありますよね」と北澤氏が投げ掛けると、吉田はすかさず「品は“半端ない”と思います」と発言。これには北澤氏も、「なんか自分のものにしようとしていませんか?」と、ツッコミを入れ、会場に爆笑をもたらした。

 吉田はこれまでも自身のツイッター上で、ワールドカップ以降のホットワードとなっている“大迫半端ないって”を拝借して、「大迫育児ハンパないって」などと、ユーザーたちの笑いを誘う投稿をしている。
 
 今回もまた、ごく自然な流れで、まるで自分の持ちネタのように披露した“大迫半端ないって”。さすがに吉田も気が引けたのか、「乱用し過ぎて、たぶん、そのうち大迫に怒られると思います」と、自覚あり気に苦笑い。

 北澤氏も「誰の(ネタ)か、分からなくなる感じですね」と返していた。
 
取材・文●長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)