街の中でぽつりと佇む古い商店、中にはホコリを被った商品が並べられていて店主の姿も見えない。そんなお店、お近くにありませんか? なぜ、この手の店が潰れないで残っているのか、という疑問に答えてくれるのが、無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさん。佐藤さんは、ひとつひとつ事例を挙げながら、わかりやすく解説してくれています。

お客さまが来ないのに潰れないお店7選。その秘密とは?

古びた店舗、埃を被った商品、店主は奥に入ったまま、来店客は1日数人……。なのに、潰れないどころか、業績は上々。そんなお店が存在します。

不景気ないま、羨ましい経営を続けるお店は、いったいどんな方法で儲けているのでしょうか。その秘密を探ってみました。

■活気の無い八百屋さん

野菜その他の店頭販売が、売り上げの8%。残り野菜で作った漬け物販売が、2%。店頭では、売り上げの10%しか確保できない八百屋さんが、年商6000万円となっている秘密は?

・ラーメン店&焼肉店への食材卸し

・老人ホーム&病院への給食食材の卸し

・動物園&水族館への動物エサの納品

小さなお店でありながら、電話帳広告やインターネット広告で集客し、売り上げの90%を確保しています。

■暗く静かな熱帯魚店

お店の開いている時間は、ごくわずか。店頭の売り上げは、熱帯魚15%、エサ&水槽15%。たったひとりで、黙々と稼ぐ売り上げは、2,000万円。その秘密は?

・ネット販売で、店頭の不足分を補い、5%

・ホテル・飲食店へのリース&メンテナンスで、65%

手間の掛かる熱帯魚を貸し出し、さらにメンテナンス料で儲ける仕組みは、ビジネスモデルとしても、注目に値します。お客さまの“手間”を取り除く発想は、これからのビジネスの基本。

■月に数人しか来ないカーテン屋さん

たくさんカーテンが下がっているのに、お客さまが来るのは、ほんの時々。しかし、一度来たお客さまが遣うお金は大きく、年商1億円を達成。その秘密は?

・カーテンは、窓の数だけ儲かると言われ、替える時はすべての窓を替えることが多い。部屋まるごと。一軒まるごと

・抱き合わせの絨毯販売。カーテンを替えると、イメージチェンジで絨毯も替えたくなる

・壁や天井、フローリングなど、内装リフォームをすべて引き受け、1軒50万円程度になる。

客単価が大きくなれば、来客数は少なくても、儲けることができます。また、カーテンだけではなく、その周辺で、コーディネイト提案ができます。

■ひと気の無い画材屋さん

絵を描く趣味でもない限り、一般人にはあまり縁の無い画材屋さん。店頭販売は、売り上げの10%。画家や趣味人の姿も見かけないのに、年商6,000万円。その秘密は?

・大学&予備校への画材販売で、50%を確保

・画家の絵を預かる倉庫の収益

・専門知識を活かし、展覧会の絵画運送を請け負う

大口の顧客を持てば、お店は事務所兼応接室となります。経費が掛かるなら、お店は無くても営業できることが利点。

■アカ抜けない文房具屋さん

お洒落な最新の文具も無い、ただただ機能だけを追求した、定番品のみを扱うお店。店舗は古くなっていくばかりなのに、年商2億円を確保。その秘密は?

・学校/会社へのカタログ販売で、20%

・オフィス機器販売&修理などの外商35%

・オフィスプロデュース(インテリア&レイアウト)で35%

収入の多くが、オフィスを対象とした営業活動によります。文房具という小さな商材をキッカケに、オフィスをトータルプロデュースするという、大きな商売を発見したようです。

■音楽も流れない楽器店

音楽関係なのに、静かな時間が流れるだけの楽器店。ギターの弦1本84円は、毎日のように売れますが、楽器はなかなか売れません。しかし、年商5億円。その秘密は?

・小学校や音大に納品するとともに、修理や調律で利益を上げる

・なかなか手が出ない高額な楽器のレンタル事業

・練習用防音室の貸し出し使用料

・音楽教室用スペースの貸し出し。ヤマハとの契約

楽器店と言えど、修理・調律とスタジオのような事業展開で、安定した収入を確保。レンタルは、時代のニーズに合っています。

■ショーケースの淋しい肉屋さん

スーパーにお客さまを取られ、いつ潰れてもおかしくないように見える肉屋さん。ところが、年商2,000万円。その秘密は?

・給食食材としての学校納品

・肉の枝買い&一頭買いによる、コスト削減

・肉を無駄無く使い切るための惣菜販売・牛や豚の骨は、だし用として、ラーメン店に販売

肉は、精肉後30〜40日保つので、大量仕入れができます。さらに、残った肉は惣菜に加工するので、まったく無駄がありません。

7つのお店の秘密をご紹介しましたが、何が見えてきたでしょうか。

まずは、店舗に頼っていない、ということです。あくまで窓口であったり、事務所であったり。いまの時代、店舗販売では、大型店やチェーン店に勝てません。勝つためには、別の販売ルートが必要なのです。

また、大口の顧客を掴むことです。取引金額が大きくなると、顧客数が少なくても、充分に儲けることができる、ということです。

簡単なことではありませんが、これをヒントに、『次の手』を考えなければ、あなたのお店は潰れてしまいます。

image by: Daniel De Petro / Shutterstock.com

MAG2 NEWS