「すごいですね、これは」と司会の羽鳥慎一が驚きの声をあげたのは、ドミニカ共和国サントドミンゴの映像だ。カリブ海の海岸に毎日、大量のプラスチックゴミが押し寄せている。色とりどりのプラゴミで埋めつくされた海面が上下に波打つ。もう砂浜のゴミ拾いぐらいで追いつける状態ではない。

大小、微細なものまでいれると5兆個も

石原良純(タレント)「衝撃的ですね」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「微細なマイクロプラスチックも問題です。金属が付着しているから、摂取すると人体に影響する。WHO(世界保健機関)でも調べ始めています」

世界の海には毎年800万トン近いプラスチックゴミが入り込んでおり、大小、微細なものまでいれると5兆個という研究もある。また、2050年までに海に捨てられるプラスチックゴミの総重量は,海に生息する魚の総重量を超えるとも予想されている

羽鳥「大変な問題です。世界中で深刻ですよ」