カブールの空港で「イスラム国」による自爆攻撃 少なくとも14人が死亡

ざっくり言うと

  • アフガニスタンの首都カブールの国際空港で22日、自爆攻撃があった
  • 少なくとも14人が死亡、60人が負傷したという
  • 攻撃について、イスラム過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x