三宅裕司が前立腺肥大症のため休養&手術へ 当面は治療に専念

ざっくり言うと

  • 三宅裕司が前立腺肥大症と診断され、当面の間治療に専念することが判明した
  • 6月10日ごろに身体に異変を感じ、7月に診断を受けたところ判明し、入院
  • 投薬治療などで腎臓の数値を安定させた後、肥大部分の切除手術をするという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x