東海大相模vs神奈川工

写真拡大

小松、森下の本塁打などで東海大相模が神奈川工を圧倒!

 第100回北神奈川大会も4回戦まで進んだ。バッティングパレス相石スタジアムひらつかの第一試合では、選抜ベスト4の東海大相模が登場し、神奈川工と対戦した。ここまでの二試合は「選抜4強」の実力を遺憾なく発揮して勝ち上がってきた東海大相模だが、この試合でもその実力を存分に見せつけるような試合となった。

 まずは1回裏、東海大相模は1番・小松 勇輝が相手のエラーで出塁すると、すかさず盗塁を決めてチャンスメイク。そして一、二塁とチャンスを拡大すると、3番・森下 翔太がライト前へタイムリーヒットを放ち、1点を先制する。 さらに2回裏、相手の守備の乱れから1点を追加すると、なおもランナーを二人置いた場面で、1番・小松 勇輝がライトスタンドへ飛び込むスリーランホームランを放った。 東海大相模の攻撃はこれで終わらない。なおもランナー無しの場面から、3番に座る主砲・森下 翔太がレフトスタンドへ飛び込む高校通算56号のソロホームランを放った。 東海大相模は、序盤から神奈川工先発の錦織に猛打を浴びせ、試合を優位に進めていく。

 先発のマウンドに立ったのは、背番号10の一年生、諸隈 惟大。左スリークウォーターから切れのあるボールを投げ込む期待のルーキーだ。コーナーへの制球力が高い投手で、序盤から安定した投球で攻撃にもリズムを作っていく。3回表には満塁のピンチを迎えるが、落ち着いた投球で後続を断ち、3回イニングを投げて2安打無失点の投球を見せた。

 その後も、東海大相模は神奈川工に容赦なく攻撃を浴びせる。3回にも、2番・山田 拓也の2点をタイムリー、1年生の4番・西川 僚祐の左前タイムリーなどで5点を追加した東海大相模。結局試合は、13対0で神奈川工を圧倒し、5回コールドで4回戦を突破した。

 勝った東海大相模は、これでベスト8に進出した。準々決勝でも「選抜4強」の実力を発揮することができるか注目だ。

(レポート=栗崎 祐太朗)