横浜創学館vs横浜清陵

写真拡大

横浜創学館、2年生エース・佐藤考輔の完封勝利でベスト8!

 横浜創学館と横浜清陵と横浜市同士対決はロースコアの熱戦となった。横浜清陵の先発左腕・小野颯人(3年)が好投がロースコアを呼び込んだ。小野は120キロ弱のストレートとスライダー、カーブを低めに丹念に投げ分ける左の技巧派。打線に力がある横浜創学館だが、フルスイングできるコースにボールが来ない。ことごとく凡打を繰り返す。

 それでも4回表、無死満塁から5番儀同 祐太郎(3年)の犠飛で1点を先制。7番椎名 拓斗(3年)の左前適時打、8番横田の二塁内野安打で計3点を入れる。ここから小野はしっかりと踏ん張り、安打を打たれながらも後続を抑えるピッチングを見せる。

 何とか追加点を入れたい横浜創学館は7回表、二死三塁から1番角津 奏斗(3年)の中前適時打で1点を追加し、4対0とした。

 投げては佐藤 孝輔(2年)が左腕から常時125キロ前後の直球、スライダー、カーブを投げ分けながら打たせて取るピッチングで、5安打完封勝利。

 横浜創学館がベスト8進出を決めた。横浜創学館は12安打を打っているように打線は決して悪くない。それぞれの打者のスイングは鋭く、準々決勝で対戦するであろう藤嶺藤沢の矢澤 宏太の直球は十二分にとらえる能力は持っている。

 敗れた横浜清陵の先発・小野は4失点でしのいだ粘り強いピッチングはさすがだった。また無失策の守備も見事で、しっかりとシード校・横浜創学館にわたり合う戦いぶりを見せてくれた。

                                     

(文=河嶋 宗一)