ソチ冬季オリンピック男子フィギュアで銅メダルとなったカザフスタンのデニス・テン選手が強盗に襲われ死亡した。テン選手はカザフスタン最大の都市アルマトイの路上にクルマを停め、用事を済ませて戻ってきたところ、クルマのドアミラーを盗もうとしていた2人組の男と口論になり、刃物で脚を刺されて、病院に搬送されたが、出血が多く死亡した。

カザフスタンでは頻発

司会の加藤浩次「高級車のミラー部分は高く取り引きされてるらしいですね。だから、これ(ミラー)を盗るというのが、カザフスタンでは頻繁に起こっているという情報があります」

テン選手のクルマはレクサスだった。地元の警察は殺人事件として捜査している。