夏の函館、福島、中京開催は、今週末で早くもフィナーレ。トリを飾るのは、7月22日に行なわれるGIII中京記念(中京・芝1600m)だ。

 夏のマイル戦となって、今年で7回目。いまだ1番人気の勝利はなく、馬券圏内(3着以内)に入ったことも1度しかない。3連単の配当は、過去6回すべてが万馬券で、そのうち4回が20万円超え。まさに”穴党向き”のレースといえる。

 さて、今年の中京開催はとりわけ雨の影響が強かった。そうした状況にあって、最終週ではどんな馬が狙い目になるのか。中日スポーツの大野英樹記者は、こんな見解を示す。

「(中京競馬場は)開催が進んで、先週からは(最内から3m外に柵を設置した)Bコースに替わっての施行になりました。それでも、レースを消化するにつれて、馬場の内側は結構痛んできているように見えたのですが、内から台頭する馬も目立ちました。難解な馬場状態ではありますが、中京記念が行なわれる頃には、内目の馬場悪化はさらに進みそうです。

 中京記念が3月から7月へと施行変更されて6年(※距離も2000mから1600mに変更)。その間、先行馬は2勝しているレースですが、今年はトラックバイアス的に、差し馬に狙いを絞ったほうが、馬券的中への近道になりそうです」

 こうした状況を踏まえて、大野記者はオープン入りして2戦目となる良血馬を推奨する。

「狙って面白そうなのは、リライアブルエース(牡5歳)です。昇級初戦の前走・GII京王杯スプリングC(5月12日/東京・芝1400m)は、距離不足のうえ、4コーナーを向いたところでスペースがまったくなくて、まともに追えない競馬を強いられました。前が開いてからはジワジワと脚を伸ばしており、そこさえスムーズだったら、結果(6着)も違っていたはず。

 今回はベストのマイル戦。引き続き、いい走りを見せている左回りが舞台というのもプラス。さらに先週の追い切りでは、坂路で4ハロン52秒8、1ハロン12秒2という時計をマークして上々の動きを見せています。状態面でまったく問題がないのも、心強い限りです」

 全兄のアルバートドックが小倉と福島で重賞を勝っているように、ローカルで強さを発揮する血統かもしれない。人気薄のディープインパクト産駒という点では、一昨年の覇者であるガリバルディ(7番人気)にも通じるところがあり、リライアブルエースの一発があってもおかしくない。

 一方、デイリースポーツの大西修平記者は、牝馬の差し馬の名前を挙げる。

「狙い目は、ワントゥワン(牝5歳)です。前走のGIヴィクトリアマイル(5月13日/東京・芝1600m)は9着も、勝ち馬からコンマ7秒差。それも、強いメンバーがそろうなかでの結果ですから、悲観する必要はありません。

 今回はGIIIのハンデ戦。52kgという軽斤量で戦えるのは何よりです。自慢の末脚を考えれば、開催が進んで差しが利きそうな、今の中京の馬場も合うでしょう。

 左回りは、7戦3勝、2着2回、着外2回。そのうち、中京では3戦して2勝、2着1回。なおかつ、夏の中京開催に限れば、2戦2勝と大得意です。『夏は牝馬』の格言どおり、この時期がぴったりのタイプで、暑さでパフォーマンスが落ちないのは強みです。

 鞍上は、ミルコ・デムーロ騎手。3走前のレースでも勝利に導いているように、同馬を完全に手の内に入れています。適度に前が流れるような展開になれば、自慢の末脚で差し切ってくれるのではないでしょうか」

 ワントゥワンがデビューしたのは、ちょうど3年前の中京最終週。そこで見事な勝利を飾ったものの、オープン入りするまでにはかなりの時間を要した。逆にいえば、当初は素質だけで走っていたようなもので、コースとの相性がそれだけいいのだろう。激走ムードがプンプン漂う。

 大西記者はもう1頭、”夏馬”フロンティア(牡3歳)を推す。


相性のいい中京コースでの大駆けが期待されるフロンティア

「前走のGI NHKマイルC(5月6日/東京・芝1600m)では13着と大敗を喫しましたが、(スタートから前に)出していった分、折り合いを欠いていました。加えて、直線で挟まれてスムーズにレースを運べなかったこともあり、度外視していい結果だと思います。

 中間の調整は順調で力を出せる態勢。今回と同じ条件で行なわれた昨年の新馬戦を快勝し、2走前のGIIIファルコンS(3月17日/中京・芝1400m)でも勝ち馬からコンマ2秒差の3着と奮闘するなど、中京コースとの相性もいいです。同じ左回りのGIII新潟2歳Sを勝っている点も、プラス材料でしょう。

 暑い時期をまったく問題にしないタイプで、持ち味となる息の長い末脚は直線の長い中京向き。今回、初めてコンビを組む福永祐一騎手とも手が合うと思います。スムーズに自分のリズムで運べるようなら、古馬相手でも通用するはず。前走から4kg減となる軽ハンデ(斤量53kg)を生かしての大駆けに期待したいですね」 いよいよ夏休みに突入し、全国各地で夏祭りが盛り上がっている。そんななか、中京競馬場で”波乱の花火”を打ち上げるのはどの馬か。ここに挙げた3頭が、その候補であることは間違いない。

◆落札総額は過去最高も、今年のセレクトセールは高額馬戦線に異常あり!>>

◆ワグネリアンに続け! 世代の「エース」プランドラーは走りも気性も◎>>