日本医科大病院の医師が肺結核に 受け持っていた患者380人を検査へ

ざっくり言うと

  • 東京・文京区の日本医科大学付属病院は、医師が肺結核を発症したことを発表
  • 今後、医師が受け持っていた患者ら約380人を検査することになった
  • 医師と同じ科の看護師ら75人が検査を受けたが、異常は見つかっていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング