43mまでカバーする直径7.3メートルの超大型天井ファン「Blade Tec FANS」の驚きの風力とは

写真拡大 (全2枚)

天井から吊り下げられたファンといえば、映画やドラマで見るものから、おしゃれなショップ、喫茶店などで見る、優雅にゆっくりと回るものを思い浮かべるだろう。

しかし、「第4回 猛暑対策展」で見た「天井ファン」は、そんな想いを吹き飛ばす、ド肝を抜く規模の超巨大ファンだ。

同展示会では、様々な暑さ対策の製品が集まっていたが、その中でもひときわ異彩を放っていたのが、直径7.3メートルの超巨大天井ファン「Blade Tec FANS」だ。

輸入代理店の日本マグネティックスブースの天井に設置された超巨大天井ファン「Blade Tec FANS」は、モーターで3枚の羽根を回しているだけ。

特殊な形状の羽根を回転させ、効率よく周囲の空気の流れを作っていく。羽根を回す速度が遅くても強い風を送り出すのが「Blade Tec FANS」の特徴だ。

羽根の回転速度は7段階に調整でき、最大風力にすると、ブース内のパネル展示がガタガタと揺れ、近隣のブースにも強い風が送られるほど強烈な風力になる。
超巨大天井ファン「Blade Tec FANS」のバリエーションは、
直径が
・2.4メートル
・3.7メートル
・4.9メートル
・6.1メートル
・7.3メートル
の5種。

カバーする範囲の目安は、直径の約6倍だそう。
例えば7.3メートルのものであれば、43メートル程度までカバーできるのだという。


納入実績や空調イメージ

超巨大天井ファン「Blade Tec FANS」には、
・暑さ・寒さの対策
・空調コストの削減
・結露対策(サビ制御)
・臭い制御(空気循環)
・鳥害軽減
といった効果があり、倉庫、工場、空港、スポーツジムなどに設置されているとのこと。

また、シンガポールの地下鉄駅などにも納入実績があるそうだ。


撮影・執筆:2106bpm