「感動的な再会もあったようですね」と司会の小倉智昭。タイ北部の洞窟に閉じ込められ、救出された13人の少年らは18日(2018年7月)に退院し、全員で記者会見した。

菓子を持っていると報じられたが、洞窟内では水だけを飲んでいた。タイタン君(11)は「お腹がすいたときは、ご飯のことを考えないようにしていた。考えるとお腹がすくから。めまいがして、それに力がでませんでした」

みんなで出口掘ってた

みんなで出口になるかもしれないと壁を掘っていたという。閉じ込められて10日目。アドゥン君(14)によると、「僕たちが上の方で穴を掘っていると、人の声が聞こえた。コーチが『みんな静かに』と言いました。すると人の話し声が聞こえました。奇跡だと思い驚きました」

捜索隊が来たのだ。ビウ君(14)は「サッカー選手になりたいという夢はまだありますが、もう一つなりたい職業が増えました。海軍特殊部隊の隊員です」