8時間、25m先まで冷風を送れる巨大な気化式の冷風機「ハイラン」がスゴい

写真拡大 (全5枚)

全国で生命の危機にも繋がる猛暑中、7月18日〜20日まで東京ビッグサイト(東京・江東区有明)では「第4回 猛暑対策展」が開催されている。
同イベントでは、国内メーカーや代理店が出展する暑さ対策に関する様々な製品を見ることができる。

環境制御メーカー・アメフレックで見たのは、なんと巨大な冷風機「HaiLan(ハイラン)」だ。

HaiLanは、キャスター付き、気化式、冷風機。
・高さが1515mmの「HP24BX」
・高さが1800mmの「HP36BX」
の2種類をラインアップする。


ブースに展示されていた大型冷風機 HaiLan(ハイラン)


「HP24BX」と「HP36BX」の仕様表

気化式冷風機のHaiLanは、水が蒸発するときに熱を奪うという性質を利用した製品だ。
本体の内部に貯水タンクを搭載している。
貯水量は
・HP24BXで115L
・HP36BXで200L
なんと8時間程度、冷風を送り出せるという。


本体内部のタンク

さらに驚くのは、冷風の風の到達だ。
HP36BXの到達距離は、およそ25m。
工場、倉庫などはもちろん、大型のイベント会場などでも利用されているとのこと。

価格は、
・HP24BX…約33万円
・HP36BX…約45万円


一般的なコンセントから電源を取ることができる

また、いずれの製品も単相100V電源を利用するため、通常のコンセントから電源を取ることができ、工事の必要がない点も大きな特徴だ。


撮影・執筆:2106bpm