盗用問題で揺れた芥川賞候補作品「フィクションとして昇華できず」

ざっくり言うと

  • 盗用疑惑が浮上した北条裕子さんの「美しい顔」は芥川賞と直木賞に落選した
  • 選考委員の代表は18日の会見で、落選は盗用疑惑抜きでは語れないと指摘
  • 「フィクションとして昇華する努力が北条さんには足りなかった」と断罪した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング