都立小山台vs都立紅葉川

写真拡大

都立の強豪、好投手対決!都立小山台、転がす打球で紅葉川・小山を攻略 

 都立紅葉川と都立小山台は、ともに都立の強豪であり、都立紅葉川の田河清司監督、小山台の福嶋正信監督はともにベテラン監督である、都立紅葉川のエース・小山紀洋は2回戦の都立目黒戦でノーヒットノーランを達成し、都立小山台のエース・戸谷 直大は、東東京を代表する好投手であるといった具合に、共通点の多いチームの対戦になった。

 

 試合が始まる頃には、球場内の暑さは、不快に感じるほどになっており、乾ききったグラウンドは、砂塵が高く舞い上がった。人工芝ではあるが、打球も通常より、高く跳ねている感じがする。

 

 投手戦も予想された試合であったが、立ち上がりから、意外な展開をみせる。

 

 1回表、中前安打で出塁した都立紅葉川の1番・田康生は犠打と内野ゴロの間に三塁に進み、4番・青木進弥の四球に続き、5番・望月直也、6番・廣澤拓磨と安打が続き、都立紅葉川が幸先よく2点を先制する。

 

 しかしその裏都立小山台は、先頭の2人が四死球で出塁すると暴投で二、三塁とし、4番。飯田光塁は、遊撃手の深い位置に転がる内野安打となった。この試合は、こうした打球が多かった。さらに4番・會川和希の一ゴロの間に都立小山台が同点に追いつく。さらに5番・宮崎雄大の右前安打に続き、6番・南大樹の二ゴロの間に生還して逆転すると、7番・西脇宗孝がまたも遊撃手への内野安打、8番・吉田大晟は二失で出塁しさらに1点。なおも一、三塁の場面で吉田が二盗する間に、三塁走者の西脇が生還し、この回だけで5点が入る。

 

 立ち上がりにつまづいた都立小山台の戸谷であったが、2回以降は立ち直り、走者を出すことはあっても、得点は許さない。

 

 ところが4回裏は、都立小山台の1番・松永和也の右前安打の後、内野安打が2本続き満塁となり、5番・會川の右犠飛で1点追加。6番。南の右犠飛でさらに1点を追加し、7番・西脇の2打席連続となる遊撃手への内野安打となり、この回3点。6回裏には3番・飯塚、4番・會川と連続して二塁打が出て1点を追加して7点差となった。

 

 都立小山台の戸谷は、7回表を三者凡退に抑え、8−1、7回コールドで都立小山台が勝利した。都立小山台の戸谷は、走者を出しても、終始落ち着いた投球で失点を許さなかった。

 

 両チームの力の差はほとんどないが、都立小山台は内野安打が確実に点に結びついたことが大きかった。

 

 勝った都立小山台は5回戦で都立高島と準々決勝進出をかけ、対戦する。

 

(レポート=大島 裕史)