ロシアW杯で導入されたVAR判定「見えすぎてしまう」ことも課題に

ざっくり言うと

  • W杯で導入されたビデオ判定は期間中に20回使用され、17回も判定が覆った
  • 「見えすぎてしまう」ことが問題で、ハンドなどの瞬間がハッキリしてしまう
  • 「故意ではない」との批判もあり、流れを切り離して判断すべきでないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x