鹿児島玉龍vs吹上

写真拡大

9回二死、5番・谷頭のソロで一矢・吹上  

 初回の好機は併殺で生かせなかった鹿児島玉龍は3回裏、一死一二塁とすると、2番・芳賀陽樹(3年)がライト線二塁打を放ち2点を先取。更に二死二三塁とチャンスは続き、5番・荒川虎太郎(1年)のレフト前タイムリーで2点を加え、計4点を挙げた。

 

 4回には一死三塁から野選、1番・満薗勝弥(2年)の左中間三塁打で2点を追加した。

 

 吹上は4回裏、6点目を取られてから2番手・立和名蓮斗(3年)がリリーフ。以来7回まで無失点で切り抜け、8回裏は3番手・二俣天翔(3年)が三者凡退で打ち取った。

 

 9回二死まで三塁も踏めなかった吹上打線だったが、5番・谷頭晃主将(3年)がレフトスタンドにソロホームランを放ち、一矢報いた。

 

(文=政 純一郎)